月別アーカイブ: 1994年12月

MTV主催・第1回『お茶会』

公認ファンクラブMTV主催・第1回『お茶会』開催報告

1994年12月28日、東京新宿にて、公認ファンクラブMTVが初めて主催するイベント、第1回『お茶会』が開催されました。

会員さんの中から抽選で選ばれた方々が、初めて高橋先生と対面し、トークショウやサイン会を楽しみました。

■開催日:1994年12月28日
■会場:東京新宿・ホテルサンルート東京「白百合の間」

■プログラム:
1.12:15~ はじめの言葉(開会)
2.12:20~ スタジオ天地・MTVスタッフ紹介
3.12:30~ お茶会&交流タイム
4.13:00~ 高橋先生入場
5.13:05~ トークショー
6.14:00~ 年忘れ大クイズ大会
7.14:30~ お茶&休憩タイム
8.15:00~ お年玉大抽選会
9.15:30~ 高橋先生サイン会・握手会
10.16:05~ 高橋先生退席
11.16:10~ 終わりの言葉(閉会)

当日の詳しい内容報告は、MTV会報「ANGELS GARDEN 第3号」及びMTV発行の会誌「お茶会BOOK1」に掲載されていますのでここでは省略させていただきます。(興味のある方は、ぜひMTVまでご一報願います)
ここでは、当日参加した会員さんたちから寄せられた感想コメントをご紹介します。(これらは、会報第3号に掲載されたものからの抜粋です)

■参加者たちの声(感想)■
<No.1047 Sさん>
実は前日まで行こうかどうしようかずっと迷っていました。何と言っても30過ぎの主婦ですから、周りが若い子ばかりで、その場にとけ込めなかったらどうしようとか、浮いてしまうのではないかとかとても不安だったのです。だけど・・・「でもやっぱり行かなかったら、絶対に後悔する」と思い、当日気合いを入れていきました。けれど、会場に入ってすぐに私の心配など、あっという間にどこかへ飛んでいってしまいました。同じものに憧れ、好きで集まった者同志、年齢なんて関係ないんですね。まして、OLだろうと学生だろうと主婦だろうと、そんなの何でもいいって感じで・・・。みんなで(先生の作品について)盛り上がって話が出来ると言うことが本当にうれしかったです。その上先生本人が目の前にいらっしゃって、うれしくてうれしくて・・・。お茶会の間中、私はほとんど舞い上がったままの状態でした。帰宅してからも、興奮冷め止らずで、しばらくはお茶会のことが頭から離れませんでした。今でも思い出しては、浸っています。高橋先生はとっても気さくでやさしい方ですね。あんなふうに一人ひとり丁寧にサインをしてくださるとは思っても見ませんでした。みんなのプレゼントも一つ一つ手に取り喜んでくれたり、こちらの要望などもきちんと聞いてくれたりと、信じられない程です。そして何と言っても、会が終わってから、写真をお願いしたときのこと、(知り合った方のカメラに便乗させてもらったのですけど)ごたごたして手間取ってしまっても、嫌な顔せずこころよく待ってくれ、その上、撮影する場所まで考えてくれたりと、まるで夢ではないかと思えるほど感激しました。もう作品だけでなく、先生自身も本当にすてきな方で今まで以上にファンになってしまいました。そしてこれはスタッフのみなさんに感謝したいのですが、あの席順のおかげで同じ年頃で、同じ主婦同士の友人が出来ました。ちょっと年は離れているけれど、でもとっても話の合う人もちゃんとお友達になりました。一生、つき合って行くつもりです。先生に会えて上に、とってもすてきな、友人まで、本当に何から何まで最高の一日でした。何か書いていることが自分でもよくわからなくなってしまいましたが、結局は、「行ってよかった!!」とこの一言につきます。本当に思いきって行ってよかった!ほんとうにホントウに行ってよかった!とつくづく思います。お茶会が次回も開催されるならばもちろん参加したい!!です。
プログラム6.年忘れ大クイズ大会
———————————————————–
<No.1363 Hさん>
当日までは、「早く当日にならないかなァあと×日あるう~ん」と1人でブツブツ言いながら過ごしていました。そして当日は前日の興奮のあまり、よく眠れずねむい目をこすりながら、出かける準備をし、主人に子供をあずけ、ちょっと子供達がかわいそうかなとか思いつつ出発。電車の中で、「若い人たちばっかりだったらどうしよう」とか、「1人で大丈夫かな」とかいろいろな不安がよぎっていました。でも、会場についてその不安もぶっ飛んでしまいました。なにしろすぐ友人が出来たので・・・。終始楽しいお茶会で、終了後はもう感謝感激で、体が宙に浮いている感じでした。ただし、帰りに新宿で迷子にならないかなという不安がふっとよぎりました。案の定ちょっと迷子になってしまった私・・・。なにしろ田舎者ですから・・・。本当に本当に楽しいお茶会でした。先生は、自画像よりもずっと若くてきれいでした。そして明るくとても気さくで素敵な方だと思いました。サインを入れてくださった色紙とポスターは大切に額に入れて部屋に飾っています。抽選会で頂いたテレカは使わずに大切にしまってあります。司会の方、スタッフの方々みなさんが盛り上げて下さって、きっとおわったあと、かなりお疲れになったのではと、少々心配でした。本当にお心遣いありがとうございました。次回もぜひ参加したいです。
———————————————————–
<No.1070 Kさん>
前日・・・いっそのこと欠席の電報を打とうかと思っていました。我家は”引越”をしていたのです。でも「最後まであきらめない」ことにして、当日の荷物は梱包からはずしました。 当日・・・何とか参加することができました。!もうその感激は書き現せません!ものすごく楽しくて、高橋先生にお目にかかれて、サインをいただいて、(←ナミダです。)握手していただいて、一緒に写真に入っていただいて、一日中(帰ってからも)超ハイな状態でした。シアワセでした。原画もキレイでした。友達もできました。本当に参加して良かった! その後・・・当日できた友達と交流しています。同じ事、作品に感動している友達と語るのはこれからの人生のシアワセがUPすると思います。
———————————————————–
<No.1325 Aさん>
お茶会ってはじめてだったから(それに私は人と話すのがうまくないので)お友達ができるかどうかとっっっても心配でした。おしゃべりタイムで初めて話しかけてもらったときはとてもウレシかったです。司会の方もSTAFFの方もやさしい方ばかりですっごく楽しかったです。方向オンチの私がひとつも電車をまちがえずに家に帰れたくらい、コーフンしていた(田舎者の私)次のお茶会も参加したいです!もちろんっっ。
———————————————————-
<No.1049 Sさん>
お茶会に行くことが決まってからというもの頭はもうその事ばかりでした。当日は会場に近づくにつれて心臓が高鳴るし・・・ついた矢先に高橋先生の生原稿を目の前にしてとうとう絶叫。更にスタッフのみなさまや高橋先生ともお話しできて気絶寸前。終了後はまさに「今なら死んでも笑ってられる」状態でした。家に帰っても毎日サイン入りポスターを見るたびにやけるしまつ。頭を割ればきっと中は悪黙や天地やエルのことばかりでしょう。浪人決定の序曲が始まった気がします。高橋先生は、とても話しやすく、ファンのことを大切に思って下さっているんだなあと感激しました。以外におもしろい人だったのがちょっとビックリ。先生から生でキャラについてのお話など聞けてとてもうれしかったです。会ったり、話を聞いたりしてみてあらためて思いましたが、やっぱり高橋先生は尊敬できる方ですね。これからも応援していきたいと思います。スタッフのみなさまもいい人たちばかりで感激しました。
プログラム7.お茶&休憩タイムの風景
———————————————————-
<No.1207 Fさん>
お茶会に当選した手紙をもらった時には、お茶会に参加だあラッキー!!で確か仕事中に郵便局へ行って振り込みした。(バレたらヤバイぞ)前日は、ホテルサンルート東京に無事につけるかというのと、美由紀先生に会えるという2つのことに集中していた。当日、AM10時すぎ交差点のファーストキッチンに入り、朝食兼昼食をとるが、時間が気になって暇つぶししかできず、20分位で出てしまった。それからAM11:15に向かい出す。ウキウキして歩いていたら時間よりも早くついてしまい、ウロウロしていたら同年代の女の人に会い同じ参加者と知って一安心。そして会場に行くとFCのスタッフの若いことに驚く。会場に入り、十字架をみて、ハッとする。美由紀先生も、やはり思っていたとおり自画像の絵とは違ってきれいな人でした。そして表情のくるくるかわる、さばさばした感じで、こちらが緊張しているのをやわらげてくれるように感じました。普段聞けないことも色々聞けたしサイン会では、すごく時間をかけて一人一人に接してくれて、とても嬉しかった。Fanとの交流を大切にしてくれているのだと思いました。スタッフの方も一生懸命で、こうかんが、持てた。司会者の2人もおもしろかった。楽しくってあっという間に終わってしまって残念でした。(興奮し続けてあまり覚えてない)何回でも参加したいです。
———————————————————–
<No.1219 Mさん>
とにかく、感激でした。前日は、つきあいが苦手なので友人ができるかとか、不安でしたが、当日いってみると、緊張するのも忘れ、先生やみなさまの話に聞き入ってしまいました。本当ーにマジで、感動でした!どうもありがとうございます。初めてお会いした高橋先生は・・・、(こんな事を書くと失礼かもしれませんが)想像よりもお若く、綺麗だと思いました。(おせじでなく。)それに優しくていい方でした。お会いできて良かったです。
———————————————————-
<No.1121 Sさん>
最初は、帰省の予定とかあって、どうしようかと悩んだのですが、初のお茶会と言うことだったので、帰省を延期して参加することにしたんです。高橋先生はサイン会とかも、あまりなさらないので会えるとは思ってませんでした。それがいざ、会場へ行ってみると、何と席がほぼ正面ではないですか。もう、嬉しくて思わずパニクッてしまいました。休けい時間もお隣の席の方と話をして、いろいろとおもしろい話を聞かせてもらいました。いろいろともらったプレゼントは、直行で帰省したイナカで、母親や友人に見せびらかしました。高橋先生は、正直に言ってあんなにきれいな方だとは思ってませんでした。似顔絵を見て、どちらかというと丸い感じの方かと思っていたので・・・。(ごめんなさい・・・)それにすごくやさしい印象を受けました。私とか他の方々が渡したプレゼントとか、きちんとお礼を言って下さって嬉しかったです。
———————————————————–
<No.1139 Mさん>
前日とゆうか、ダメもとで応募したのにまさか自分が当選するなんて思ってもなかったので、すごく楽しみで嬉しかったです(幸せ・)しかも授業中にうかれまくって少々先生に怒られたのは裏話ですが(バカ!)事実です。(笑)27日の前日はウ~ム・・・いよいよ明日だぁー!と単純に思い楽しみでした。(オ~イ。)でも高橋先生にプレゼントする物がなかなか終わらなくてAM3時過ぎぐらいまでかけてやっと終わらせてから寝たものだから当日会場に着くまでの時間がすんごーく眠たかったカナ?でも出来上がってきちんと渡せたから良かったデス。お茶会・当日は始まりから最後まですごく楽しすぎました・でもやけに時間が過ぎるのも早かったデス(あたりまえですけど)。高橋先生の第一印象はとても綺麗な方だと思いました。握手して下さった時、高橋先生の手すごく温かかった!スタッフのみなさんお優しい方々ばかりでとても親しみやすかったです。気軽に声をかけられましたし。帰りに一丸さんが気を付けて帰ってね、と言って下さいました。とても嬉しかったです。友人もいっぱい出来てまたまた友達が増えました。ちなみに年賀状を出したらお返事をいただきましたョ・(嬉ピー!)次ぎもぜひ参加したいです。